TRYOUT|企業支援・地域活性化・コンサルティング|北海道札幌市

企業支援・地域活性化・コンサルティング|北海道札幌市

現状維持なんてつまらない、変化を楽しもう

今日は窓口経営相談で、札幌から北見まで。
片道4時間の移動は、いろいろな事に思いをめぐらせるのに十分な時間。
今日は、中小企業支援という仕事の「自分にとっての理念」について考える時間だった。

 

僕は幼い頃から、絶対的な権力とか、大きな組織とかには全く興味がなかった。

例えば野球も、ジャイアンツが強いのは当たり前。だから、それを応援することにあまり興味を持てなかった。
他のチームとたまに優勝争いをすると、めったに優勝できない方のチームを、必死になって応援し、強いものを倒すことが快感だった。

ただのあまのじゃくと言えばそうだし、変わりもののB型らしいといえば、そうだ。
でも自分が常に応援していたのは、チャレンジャブルなこととか、画期的なことだった。それで若い時ベンチャー企業に投資して、一瞬にして200万くらい失うという失敗もしたが。

ただ、これがずっと、僕の考え方の原点にある。

強いものや、既に完成されているものは、その状態を維持し続けることにベクトルが向く。
そうではなく、そうしたものを作っていく「過程」に、興味があったんだろう。

今、大きい会社や組織には、変化を楽しむ余力はない。なにより変わることが簡単じゃない。
そして今は、閉塞感の中で、変化が求められている時代。地震や火山に活動期があるように、仕事の仕方やスタイルも「活動期」として、積極的に変化が求められる局面にあることを、日々実感している。

これは、中小企業にとってチャンスだ。ちょっとしたことで、変化できるフットワークを持ち合わせているから。だから僕は中小企業を応援しているんだ。
ただ、小さな組織や個は、往々にしてみな自信を失っている。「他の誰かが定義した」成功というものさしの中で、自分にとっての成功体験を十分に積み重ねていないからだろう。

これは、自ら小さな成功体験を積み重ねて、自信につなげていくことでしか解決できない。
だから、そうした方達を勇気づけ、背中を押してあげるのが、今の自分の役割と思って活動している。

変化を楽しもう。
どこに住んでたって構わない、共感してくれる人がいたら、連絡してほしい。

現状維持なんてつまらない。一緒に世の中と自分の変化を楽しもう。

代表ブログ

著者

株式会社TRYOUT代表取締役中村 領/Ryo Nakamura
77年・札幌市生まれ。
SIer・広告ベンチャーなど民間企業勤務を経て、13年よりTRYOUTを設立・代表/中小企業診断士。
14年から中小企業庁の支援事業においてコーディネーターに就任。3年間の企業支援件数は1,000件を超える。企業とともに伴走する支援家として、地域中小企業のチャレンジを応援している。

お問い合わせ

講演依頼・相談予約・その他お問い合わせは