経営コンサルタント・企業支援|北海道札幌市|株式会社TRYOUT

経営コンサルタント・企業支援|北海道札幌市

ブログを書いてみてわかった、書き続けることの効果

今年10月にブログを書きはじめ、今日で26記事目となる。まだ3か月足らずだが、ブログを書くことで、さまざまなプラスの効果があった。
完璧な文章などありえない。たくさん恥をかいて、言葉を発信し続けると、いいことがあるかもしれない。

プラスの効果

①「ブログ読んでます」と言われてうれしい
 ブログ読みました、と声をかけてくださる方がいる。こんなこと言ってたぞ、と僕のいないところで話題になったり、僕のブログを他の方に薦めてくれたり。素直に嬉しいことで、とても励みになる。
②執筆依頼のお仕事
 ブログを読んでくれた東京の編集社から、ある月刊誌の執筆依頼のお仕事があった。中小企業の売上アップがテーマの内容であった。
③普段会えない人からコメントがもらえる
例えば この記事。

地方創生に今必要なのは、吉幾三の歌である

これには、全国で活躍するまちづくりの第一人者である、木下斉さんからコメントをいただけた。

まだお会いしたこともない、まちづくりのスペシャリストからコメントをいただけるなど、とても感激だった。

(ちなみに、僕も今年読んだ、木下斉さんの書籍。)

④書くことで、心が落ち着く

伝えるために、自分の頭の中を整理できるのはもちろん効果のひとつ。ただそれだけでなく、日々仕事をしながら感じる心の揺れや葛藤が、書くことで落ち着いてくる。書くために、ひとりでじっくり考える時間が取れるようになったことが、自分の心を整えるためにもうまく機能しているようだ。

2015年はこれで書き納め

わずか3か月足らずですが、このようにさまざまなプラスの効果があった。出る杭が打たれたり、すぐ炎上したりと、なかなか言いたいことが言い難い世の中だが、トライアル&エラーを繰り返しながら、少しずつ上手くなっていけるといいと思っている。
 
今日までで、約3,300のユニークユーザー、そして約5,000のページビューがあった。お読み頂いた方に感謝いたします。
 
死ぬ前に、まだまだ書き残しておきたいことがたくさんあるので、ぜひ来年もお付き合いくだされば幸いです。
 
では皆様、本年もお世話になりました。良いお年をお迎え下さい。
 

著者

株式会社TRYOUT代表取締役中村 領/Ryo Nakamura
1977年生まれ・札幌市出身。東京理科大学卒業後、東京都内の大手SIerに入社。システムエンジニアとして、会計・業務システムの設計、運用に携わる。 その後北海道へ戻り、情報機器メーカーへ転職、技術営業の新規部門立ち上げを担当する。 勤務中の2013年に中小企業診断士資格を独学で取得し、準備期間を経て2015年に独立。 以来経営コンサルタントとして、業務改善・営業支援・計画策定・戦略立案などに従事。 年間200件の経営相談と、20回の講演をこなし、中小企業の課題解決に尽力している。 家族は妻・子一人、座右の銘は「弱気は最大の敵」。

お問い合わせ

相談予約・講演依頼・その他のお問い合わせは