TRYOUT|企業支援・地域活性化・コンサルティング|北海道札幌市

企業支援・地域活性化・コンサルティング|北海道札幌市

少人数制相談会まとめ (Vol.15)地域素材を活かした、食の商品化のヒント

旭川の少人数制相談会、15回目。

テーマは【地域素材を活かした、食の商品化のヒント】で、6次産業化プランナー等の公職にも就かれている、 拔山 嘉友(ぬきやまよしとも)さんがゲストだった。

拔山さんは、食に関する研究開発に30年近く関わってきたスペシャリスト。「生キャラメル」「塩焼きそば」など、数々のヒット商品開発に協力されてきた。

商品開発を通して、それが地域活性化に至るまでの取組事例を聞かせてもらい、地方都市ならではの、商品開発の取り組み方について理解を深めることができた。

 

著者

株式会社TRYOUT代表取締役中村 領/Ryo Nakamura
77年・札幌市生まれ。
SIer・広告ベンチャーなど民間企業勤務を経て、13年よりTRYOUTを設立・代表/中小企業診断士。
14年から中小企業庁の支援事業においてコーディネーターに就任。3年間の企業支援件数は1,000件を超える。企業とともに伴走する支援家として、地域中小企業のチャレンジを応援している。

お問い合わせ

講演依頼・相談予約・その他お問い合わせは